そもそも婚約指輪って?婚約指輪の基礎知識

男性から女性に贈る決意や想い

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれます。男性が女性にプロポーズする際に贈っているシーンをイメージできる人も多いのではないでしょうか。
婚約指輪は、その名の通り本来は婚約期間に着ける指輪です。婚約期間というと結婚の申し込みを了承してから入籍までの期間ですね。限られた期間に着けるものであるにも関わらず、簡単に買える金額ではない婚約指輪には、男性側の決意や気持ちが込められています。ずっと一緒に歩むことを約束する証でもあるのです。
さらに、男性側の両親は、きちんとしたものを贈れる立派な大人になったと思えますし、女性側の両親も、安心して娘を送り出せるという気持ちになります。
高額さと着ける機会のみが注目されがちですが、本来とても大切な想いが込められているものなのです。

実は婚約期間に限らず着けてOK!

本来の意味になぞらえると婚約指輪を着ける期間はとても短いですが、この期間に関わらず入籍後も毎日着けてOKです。友人の結婚式などパーティシーンはもちろんですが、職場にアクセサリーの着用規制がなく、デザインが華美すぎなければ仕事で着けるのも問題ありません。せっかく素敵な想いが詰まった指輪なので、着けるシーンに気を付けながらたくさん着けましょう。
また、結婚式でもエンゲージカバーというセレモニーを行うことができます。これは結婚指輪交換の後に行うもので、誓い合ったふたりの愛にエンゲージリングで蓋をするという意味合いを持つものです。婚約指輪のお披露目もできますし、感動的なセレモニーですから取り入れてみては如何でしょうか。

結婚するカップルにとって大切なアイテムが結婚指輪です。婚約指輪を大阪で購入すれば質の高い指輪が手に入ります